リーダーとは職場で勇気ある行動がとれる人

昔からリーダーシップなどについてはいろんな人が語っています。
国や立場が違う人が語っているにも関わらず、その大筋には違いがないように思います。
よくリーダーシップと勘違いされるのにはマネジメントがありますが、似ている部分もありますが違うものであるということを知っておかなくてはいけません。

ではリーダーシップに求められるものとはどのようなものでしょうか。
知識や知恵がなくてはいけません。誰しも能力の高い人の発言には一目置くものです。信用がなくてはいけません。信用はすぐに得られるものではありませんので、普段の行動や発言、仕事の完成度などといったことから得られるものなので、知識とは違った努力が必要かと思われます。そして他の人への思いやりも大切です。思いやりがなければどのような発言や行動にも支持を得ることは難しいものです。ですが、支持を得るための行動ではいけません。先に人を思いやる気持ちがあって、その結果として支持が得られるものなのです。ただ他人に対して優しいことや思いやりがあることだけではいけません。厳しさも必要なのです。この厳しさは自分自身に対しても必要ですが、仕事に対してや他人に対しても必要なことです。勇気も必要です。大勢の中で発言することもそうですが、職場の改革なども勇気の必要な行動です。

マネジメントはどのようなことをいうのでしょうか。
管理能力、とでもいえば分かりやすいのではないのでしょうか。特に仕事に関して発揮されるものですが、仕事の管理や人の管理などもマネジメント能力の一番必要なものです。冷静に職場の評価や分析が出来ること。どのような選択や改善が必要なのか、その為にどのように導くべきか理解していることです。看護師にもこのようなリーダーシップやマネジメントが求められる時代になり、看護の勉強だけでは追いつかなくなってきていいます。

Write a comment: